電子タバコに準備は必要?リキッドを交換する方法は?


吸うための準備をしておく

タバコは比較的簡単に楽しめる嗜好品で、タバコの先に火をつければ後は吸うだけです。電子タバコも事前に準備をしていればスイッチを入れるだけで吸えますが、初めて吸おうとするときは事前にいろいろ準備が必要になります。電子タバコは電気の力で加熱をしますが、その電気は本体のバッテリーに貯めておきます。充電装置などを使ってフル充電しておけばそれ以降しばらく使い続けられるでしょう。電子タバコの香りの成分はリキッドから得ますが、それをアトマイザーと呼ばれる容器に入れます。本体から外して自分の好きなリキッドを補充しセットすれば完了です。スイッチを押すと煙のような水蒸気が出てくるのでそれを吸えば香りを楽しめるでしょう。

違う味のリキッドを楽しみたいとき

タバコを吸う人のタバコの選び方は様々で、常に同じ銘柄の同じシリーズを選ぶ人もいれば、色々な銘柄を楽しむ人もいるかもしれません。電子タバコはリキッドで香りが変えられるので、好みのリキッドを一つ決めて利用するのも方法の一つでしょう。でも複数のリキッドを楽しみたい人もいるようです。リキッドはアトマイザーと呼ばれる部分に入れますが、前に入っていたリキッドと別の香りのリキッドを入れると香りが混ざる時があり、思い通りの香りが楽しめないかもしれません。混ざらないようにするにはアトマイザーの部品をきれいに洗浄するしかなくこの作業は結構大変です。そこで交換用のアトマイザーを複数用意して特定のリキッドにしか使わないようにし、この方法なら複数の香りでも楽しみやすくなります。

vapeはニコチンやタールを含まない電子タバコです。フレーバーを含んだ蒸気を吸引するため「疑似喫煙」とも言えます。フレーバーはメンソールのほかコーラなどのドリンク系やフルーツ系、ハーブ系などがあります。